メイン画像

あす9日(火)にかけて、南北に延びる寒冷前線が本州付近を通過します。前線通過時は、大雨や落雷、突風など激しい現象に警戒が必要。各地の警戒する時間帯は?

8日 西日本は帰宅時間帯に荒天 近畿は9日未明がピーク

画像A

あす9日(火)にかけて南北に延びる寒冷前線が、本州付近を通過します。寒冷前線が南北に立って延びている時は、寒冷前線の東側では南からの暖気が一気に北上、西側では北からの寒気が一気に南下するため大雨など激しい現象が発生しやすくなるため警戒が必要です。
今夜8日(月)は、九州や中国・四国で雨や風が強まります。特に、中国・四国では帰宅時間帯の夜は、1時間に50ミリ以上の滝のような雨が降る所もあるでしょう。大気の状態が非常に不安定となるため、落雷や竜巻などの突風に警戒が必要です。強い雨が降る時間は長くはなく、3〜4時間程度ですが、短時間に激しい雨が降ると、アンダーパスなど低い場所では一気に冠水する恐れがあるため警戒が必要です。日付が変わって、9日(火)未明は近畿で雨や風が強まる予想です。
【各地の雨や風が強まる時間帯】
・九州北部・山口:〜今夜(8日)遅くにかけて
・四国:今夜(8日)〜あす(9日)未明にかけて
・近畿:今夜(8日)〜あす(9日)朝にかけて
【予想される24時間降水量(9日18時まで、多い所)】
四国地方 150ミリ
近畿地方、東北地方、北海道地方 100ミリ
【その後 10日18時までに予想される24時間雨量 多い所】
北海道地方 100ミリ〜150ミリ

関東 あす9日(火)朝の通勤時間帯 激しい雨や雷雨の所

画像B

関東は、あす9日(火)朝の通勤・通学の時間帯に激しい雨や雷雨に注意が必要です。千葉など沿岸部を中心に南寄りの風が強まり、横殴りの雨の所もありそうです。また、東北はあす9日(火)日中いっぱい、北海道はあす9日(火)午後〜あさって10日(水)にかけて、雷を伴った激しい雨や落雷、竜巻などの突風に警戒が必要です。
【各地の雨や風の強まる時間帯】
・東海:あす(9日)未明〜昼前にかけて
・関東:あす(9日)午前
・東北:あす(9日)いっぱい
・北海道:あす(9日)午後〜あさって(10日)