寒冷前線が東北地方を通過しているため、今夜9時頃にかけては太平洋側で激しい雨の降る所があるでしょう。あす(水)はきょう以上に大気の状態が不安定となるため、日本海側中心に急な強い雨や落雷、突風に注意が必要です。

活発な雨雲が通過中 今夜遅くには東の海上へ

画像A

きょう(火)の東北地方は昼ごろから活発な雨雲がかかり始めました。この時間も雨脚が強まっており、秋田県東成瀬村では午後4時までの1時間に25.0ミリ、宮城県の泉ヶ岳でも21.5ミリの強い雨を観測しました。
この後、日本海側は午後6時以降、雨の弱まる所が多くなりそうです。一方、太平洋側は午後9時頃までは激しい雨の降る所があるでしょう。
午後9時以降になると活発な雨雲はだんだんと東の海上へと抜ける予想です。ただ、雨が止んでも地盤の緩んでいる所はあります。太平洋側では今夜遅くまで土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒して下さい。また、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうにも注意が必要です。

あす(水) 日本海側中心に落雷や突風に注意!

画像B

あす(水)は寒冷前線が東の海上へ抜けるものの、上空には強い寒気が流れ込む予想です。気圧の谷も通過するため、日本海側を中心にきょう以上に大気の状態が不安定となるでしょう。
あす(水)の朝からは秋田県や山形県、青森県に活発な雨雲が断続的に流れ込む予想です。雷を伴い、ザッと雨脚の強まる所もあるでしょう。短い時間に降る強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうに注意して下さい。
また、海上中心に風が次第に強まり、波が高くなるでしょう。強風や高波にも注意が必要です。
太平洋側は変わりやすい天気で、日本海側に近い内陸ほどにわか雨の所があるでしょう。外出の際は折り畳み傘があると安心です。