この先、関東から九州は紅葉狩りに最適な陽気の日が多いでしょう。ただ、2週目後半は冷たい空気が流れ込み、北海道は雪の降る日がありそうです。西日本を中心に気温が平年を大幅に下回り、グッと季節が進むでしょう。

13日(土)〜19日(金)

この週末13日(土)は北海道と東北の日本海側、北陸から九州の日本海側で朝まで雨の降る所がありますが、日中には次第にやむ所が多いでしょう。雲が多いですが、晴れ間の出る所もありそうです。太平洋側は朝からおおむね晴れる見込みです。
14日(日)は再び日本海側で雨の降る所がありそうです。太平洋側は紅葉狩り日和になるでしょう。日中は日差しが暖かいですが、朝晩は関東や東海などでも、最低気温は10度を下回る所が多く、グッと冷え込みそうです。
15日(月)以降も全国的に晴れる所が多いですが、19日(金)は関東で雨が降りそうです。
1週目後半の最高気温は関東や東海では20度くらいまで上がり、快適な陽気が続くでしょう。

20日(土)〜25日(木)

画像B

20日(土)と21日(日)は北海道や関東、東海で雨の降る時間がありそうですが、全国的に大体晴れるでしょう。関東から九州の平野部も紅葉が見頃になる頃ですので、紅葉狩りの計画を立てるのも良さそうです。
22日(月)は北海道から九州にかけて広い範囲で天気が崩れるでしょう。風や雨が強まることもありますので、注意が必要です。
その後、上空にはグッと冷たい空気が流れ込み、西日本を中心に気温が平年を大幅に下回りそうです。12月から1月並みの冬本番の寒さになる所もあるでしょう。北海道や東北、北陸や甲信の標高の高い所では雪が降る可能性がありますので、早めに車の冬装備をしておくと良いでしょう。
来週後半はグッと季節が進みそうです。体調管理には十分お気をつけください。