東海地方は、しばらく、晴れて快適な陽気が続きますが、今週末、朝晩はぐっと冷えるでしょう。暖かい服装でお過ごし下さい。

今週末 朝晩の冷え込みに注意

画像A

東海地方の上空には、降れば、標高の高い所では、雪になるような強い寒気が流れ込んできています。今夜以降は、ぐっと冷えるため、暖かくしてお休み下さい。
あす13日の朝は、比較的、風も穏やかなため放射冷却が強まる見込みです。
最低気温は、名古屋や岐阜で6度、津で9度、静岡で8度の予想です。各地で一桁となり、今季一番の冷え込みとなりそうです。14日(日)も、各地で、一桁の冷え込みが続くでしょう。
東海地方は、土日ともに、晴れる所が多くなりますが、岐阜県の飛騨北部では、雲が広がりやすく、雨や雪の降る所がある見込みです。
なお、東海地方では、標高の高い山では落葉し、紅葉が終わりを迎えている所もあり、次第に低い山や市街地へと見頃が移ってきています。週末、紅葉狩りに出かける際は、東海地方の紅葉見ごろ情報 2021を参考に、暖かい服装でお出掛け下さい。

20日(土)〜25日(木) 後半は冬本番の寒さ

画像B

画像C

22日頃の雨を境に、更に強い寒気が流れ込んでくるため、季節はぐっと進むでしょう。
23日以降、最高気温は、平年を大幅に下回り、冬本番の寒さになる所もありそうです。日中もコートが手放せなくなるでしょう。岐阜県の高山など飛騨北部では、雪が降る日も増える見込みです。早めに、車の冬装備をしておくとよいでしょう。