関東地方は、あす13日(土)もおおむね晴れ。沿岸部の強い風も収まってくる。朝は放射冷却が強まり、今朝より気温の下がる所が多い。広い範囲で10℃を下回り、内陸部は霜が降りるほど冷える所も。

13(土) 広く晴れ にわか雨もなし 沿岸部の風も収まる

画像A

関東地方は日差しがたっぷり届くでしょう。
きょう12日は、上空の寒気の影響で北部山沿いの一部でザッと雨が降りましたが、あすは寒気が離れるため急な雨はなさそうです。
また、千葉など沿岸部を中心に吹いている強い西よりの風も、収まってきそうです。

朝はグッと冷える 昼間は快適

画像B

穏やかに晴れる分、朝の放射冷却が強まります。
最低気温は東京都心を含めて広い範囲で10℃を下回り、厚手の上着が活躍しそうです。北部の内陸部や山沿いでは霜が降りたり氷が張ったりするほど冷える所もあるでしょう。千葉県や神奈川県の海沿いの地域では10℃を下回らない所もありますが、それでも今朝に比べると3℃〜5℃ほど低くなる予想で、空気が冷たく感じられそうです。
最高気温はきょうとあまり変わりません。18℃〜20℃くらいの所が多いでしょう。昼頃の外出は、上着なしでも良さそうです。

15日(月)にかけても大体晴れ その先は次第に曇りや雨に

画像C

14日(日)と15日(月)も、おおむね晴れて、朝の寒さも続くでしょう。
その先は、晴れをもたらす高気圧が離れて雲が広がりやすくなり、沿岸部を中心に雨の降る所がありそうです。その分、朝の冷え込みは少し和らぐでしょう。