きょう14日(日)は、西から気圧の谷が近づきます。東北や北海道は、午後は次第に雨の範囲が広がりそう。関東から西は午後ほど日差し。

北日本 午後は広く雨

画像A

きょう14日(日)朝は、日本付近は高気圧と高気圧の間で、雲ができやすい場所になっています。所々で雨が降っています。
きょう14日(日)昼頃までは、沖縄や九州から関東は、雨の降る所があるでしょう。雨の降る範囲は狭く、長い時間降る雨ではありませんが、雷を伴ってザッと強く降ることもありそうです。午後は次第に天気が回復して、広く晴れるでしょう。
北陸は天気の急変に注意が必要です。日差しのある所でも、急に雨が降ったり、雷が鳴ったりするでしょう。午後は新潟県を中心に雨が降りやすく、お出かけの際には雨具をお持ちください。
東北の太平洋側は晴れる所が多いですが、日本海側は断続的に雨。北海道も日本海側を中心に雨が降り、午後は太平洋側も含めて広い範囲で雨が降りだすでしょう。沿岸部を中心に風が強まりそうです。夜になると日本海に前線がのびて、南よりの暖かく湿った空気が流れ込みます。あす15日(月)は前線が通過したあと寒気が流れ込むため、平地でも雪のまじる所があるでしょう。

日中の気温 きのうよりUP

画像B

きょう14日(日)の最高気温は、きのう13日(土)よりも高い所が多いでしょう。
沖縄は23℃くらいと、上着いらずです。九州から関東は18℃から20℃くらいで、きのう13日(土)より2℃ほど高い所が多いでしょう。この時期らしい気温で、日差しが少ない所でも日中は比較的過ごしやすい見込みです。北陸や東北は16℃から17℃くらい、北海道は15℃に届かないでしょう。それでもきのう13日(土)より気温が上がって、平年よりも高くなりそうです。
天気が回復してくる関東から西では、日が傾くと空気がヒンヤリしてきます。夜まで外出される方は、羽織るもので調節してください。