15日月曜は、北海道は平地でも雪の降る所があるでしょう。東北と北陸も大気の状態が不安定で、局地的に雷が鳴りますので、落雷や突風などに注意が必要です。一方、関東から西は昼間は快適な陽気ですが、朝晩と日中との「気温差(寒暖差)」が大きいので、服装で上手に調節してください。

天気のポイントは?

画像A

15日月曜は、寒冷前線が北日本を通過し、北日本の上空には寒気が流れ込むでしょう。
そのため、北海道は晴れ間も出ますが、冷たい雨や雷雨の所がありそうです。さらに上空に流れ込む寒気は、平地でも雪を降らせるほどの寒気なので、内陸部を中心に「平地でも雪の降る所がある」というのがポイントです。
普段から雪に慣れている所とはいえ、シーズン初めの雪は、一段と注意が必要です。車のタイヤは、必ずスタッドレスタイヤに交換するか、タイヤチェーンを装着しましょう。スタッドレスタイヤは、溝が十分にあるかどうかを、事前に確認することが必要です。また、急ブレーキ、急なハンドル操作、急発進、急な車線変更など「急」のつく運転はやめてください。
東北と北陸も、雨が降りやすいでしょう。ポイントは「大気の状態が不安定になるため、雷雲が発達しやすいこと」です。北海道よりも雷が鳴りやすいので、落雷や突風、ひょうなどに注意が必要です。
関東から九州、沖縄は、大体晴れるでしょう。洗濯日和で、布団を干してもふっくらと気持ち良く仕上がりそうです。紅葉が見ごろの所では、青空に映えるでしょう。
ただ、ポイントは「午前中は霧の発生する所があること」です。午前5時現在、関東から九州の所々に「濃霧注意報」が発表されています。濃い霧で見通しが悪くなるおそれがありますので、お気をつけください。

気温のポイントは?

画像B

最高気温は、北海道は10℃前後でしょう。昼間もひと桁の所がありますので、しっかり暖かくしてお過ごしください。
東北北部は、14日日曜より3℃くらい低い所が多くなりそうです。東北南部や北陸は18℃前後の予想です。この時期にしては高いですが、雨に濡れて体を冷やさないよう、お気をつけください。
関東から九州は、20℃くらいの所が多いでしょう。ただ、気温のポイントは「晴れる所では、朝晩と日中の気温差(寒暖差)が大きくなること」です。昼間は快適に過ごせる陽気ですが、朝晩は冷えますので、服装で上手に調節してください。