近畿地方は、あさって20日(土)まで広く晴れて、日中は過ごしやすい陽気になりますが、21日(日)は天気が下り坂に向かい、22日(月)には天気が崩れる見込みです。その雨のあとは気温がグッと下がり、寒くなるでしょう。

あす19日(金) 部分月食が見られそう

画像A

あす19日(金)は、夕方から夜のはじめごろにかけて部分月食が見られます。近畿地方では、あすの夜は北部で雲が広がってきますが、中部や南部では晴れるため、部分月食を見られそうです。部分月食は、あす16時18分に始まり、18時02分に食の最大となり、19時47分に終わりとなります。大阪の、あすの月の出は16時48分ですので、東の空に欠け始めた月が昇ってくるのを見ることができそうです。

週間天気 来週初めは気温の変化に注意

近畿地方では、21日(日)は湿った空気が流れ込むため、天気は下り坂に向かい、次第に雲が多くなる見込みです。22日(月)には寒冷前線が通過するため広く雨が降るでしょう。その雨のあとは西から強い寒気が流れ込み、グッと寒くなりそうです。来週は23日(火)以降、日中の気温は15度に届かない日が多くなり、晴れて日差しがあっても風が冷たく感じられそうです。