メイン画像

きょう21日(日)は、高気圧が次第に離れて湿った空気が流入。雲が広がりやすく、夕方以降は九州から関東の所々で雨に。局地的には、雷を伴って雨脚が強まりそう。

各地の天気

画像A

きょう21日(日)は、高気圧がゆっくり離れて、日本付近に湿った空気が流れ込むでしょう。また、大陸方面から低気圧や前線が進んできます。
●沖縄:日差しはあっても雲が多めで、朝のうちは一部でにわか雨があるでしょう。
●九州:午前中は晴れ間も。午後は厚い雲に覆われ、夕方以降は所々で雨や雷雨となるでしょう。
●中国・四国・近畿:こちらも次第に雲が広がります。夜遅くには太平洋沿岸の地域を中心に雨の降りだす所もありそうです。
●東海・関東甲信:昼頃から次第に雲が厚みを増します。東海は夕方から所々で雨で、夜は関東甲信も雨の所が増えてくるでしょう。沿岸部では局地的に雷を伴い雨脚が強まりそうです。
●北陸・東北:午前中は晴れる所が多いでしょう。午後は雲に覆われますが、天気の崩れはほとんどなさそうです。
●北海道:寒気の影響が残り、昼頃まで日本海側を中心に雪や雨の降る所があるでしょう。

最高気温 全国的にきのうと同じくらい

最高気温は、沖縄は25℃を超えて30℃に迫る所もありそうです。
九州から近畿は20℃前後で、東海や関東甲信、北陸は18℃前後の予想。雲が多くなっても、寒さは控えめです。
東北は13℃度前後の所が多く、きのうと同様、平年並みかやや高いでしょう。
北海道は6℃前後の所がほとんど。きょうも空気が冷たいままとなりそうです。

あす22日(月)は全国的に雨・風強まる

画像C

前線が通過するため、あす22日(月)は全国的に雨や雷雨に。所々で激しく降りそうです。また、北海道や東北を中心に、風も次第に強まり、荒れた天気となるでしょう。激しい雨や強い風などにより、交通に影響が出る所もありそうです。気象情報に加え、交通情報も確認し、普段よりも時間に余裕を持って行動すると良さそうです。