22日、九州は冬型の気圧配置に変わり、夜にかけて急速に冷え込む見込みです。あす勤労感謝の日から24日(水)は、今季一番の強い寒気が流れ込み、一気に12月中旬から下旬並みの寒さになります。本格的な冬支度をしておきましょう。

前線通過後 寒気が流入

きょう22日、九州付近を寒冷前線が通過し、広い範囲で雨が降っています。きょうの昼前後まで雨が降る所が多いでしょう。
前線通過後は、西から北西の風が強まり、夜にかけて気温が急速に下がる見込みです。風も強まり、冷え込んできますので、お出かけの際は厚手の上着や冬物のコートなどがあった方がよさそうです。

あすは今季一番の寒気

画像B

あす23日・勤労感謝の日は、冬型の気圧配置が強まり、九州北部の上空1500メートル付近に-4度〜-3度と真冬並みの今季一番強い寒気が流れ込む見込みです。24日(水)まで強い寒気が流れ込むでしょう。
九州は西風に乗って寒気の低い雲が流れ込み、しぐれたり、標高の高い山では雪が降る所もある見込みです。最高気温は九州北部で13度前後、九州南部は15度前後と12月中旬から下旬並みで、大きく気温が下がりますので体調管理に気をつけましょう。
また、沿岸海上は強風や高波にご注意下さい。

朝晩の冷え込み強い 早霜に注意

画像C

25日(木)以降は、冬型の気圧配置は弱まり、しばらく高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう。
最高気温は平年並みか平年よりやや低めで経過し、朝晩は放射冷却現象で強い冷え込みになる日が多いでしょう。内陸部を中心に霜が降りる所がありますので、農作物の管理にご注意下さい。