きょう22日(月)の午後は、東日本〜北日本で雨や風が強まり、北日本では警報級の大雨や暴風の所も。寒冷前線通過後は、北日本は広く雪。東日本や西日本でも標高が高い山では雪となり、道路など交通機関に影響がでる恐れも。峠を越える車は、最新の気象情報・交通情報に注意が必要です。

22日 北日本中心に大雨や暴風に警戒

画像A

きょう22日(月)は、低気圧が急速に発達しながら日本海北部を北東へ進み、この低気圧から伸びる活発な寒冷前線が本州付近を東へ進む見込みです。寒冷前線が通過する際は、大気の状態が非常に不安定になるため、1時間に30ミリ以上の激しい雨や落雷、竜巻などの突風に注意が必要です。西日本は昼頃まで、東日本・北日本は午後から雨や風が強まり、北日本中心に警報級の暴風や大雨の恐れがあるため警戒が必要です。

日本海側や北日本は雪に 交通障害に警戒

画像B

寒冷前線通過後は、寒気が流入。北海道地方では、あす23日(火)から日本海側を中心に雪が降り、平地でも積雪状態となるでしょう。積雪や路面の凍結による交通障害に注意してください。また、今回は西回りで寒気がはいるため、山陰など西日本の標高の高い山では、23日(火)〜24日(水)にかけて雪が降り、積雪となる可能性があります。積雪や路面の凍結による交通障害に留意し、冬用タイヤにするなど、雪に対する備えが必要です。

シーズン最初の雪 慣れていても注意

画像C

冬の時期に雪の多い所に住んでいる方でも、ひと夏を過ぎると、雪道での車の運転感覚を忘れがちです。シーズン最初の雪は、たとえ雪に慣れている方でも、以下の2つのことに注意が必要です。
① 必ず、スタッドレスタイヤに交換するか、タイヤチェーンを装着しましょう。スタッドレスタイヤは、溝が十分にあるかどうかを、事前に確認してください。あまり使っていないスタッドレスタイヤでも、時間が経てば、劣化が進みますので、シーズン前に点検が必要です。
② たとえ急いでいても、急ブレーキ、急なハンドル操作、急発進、急な車線変更など「急」のつく運転はやめましょう。「急」のつく運転をしてしまうと、車がスリップしやすくなります。車を発進する時や上り坂では、タイヤが空転してしまわないよう、アクセルをじわりと踏み込んでください。下り坂では、エンジンブレーキを基本として、アクセルとブレーキも適度に調整して、速度を落としてください。