急速に発達する低気圧や活発な寒冷前線の影響で、北海道や東北では、あす23日(火)にかけて台風並みの暴風に警戒が必要です。

22日夜 北日本は暴風に警戒

画像A

急速に発達している低気圧や、そこから伸びる寒冷前線の影響で、北海道〜四国にかけて広い範囲で雨や風が強まっています。14時までの最大瞬間風速は、高知県室戸岬で25.9メートル、北海道宗谷岬で24.3メートルと、風に向かって歩けないくらいの強い風を観測しました。
低気圧や前線の接近に伴い、北海道や東北では、今夜22日(月)〜あす23(火)にかけて、最大瞬間風速30メートル以上、台風並みの暴風が吹く恐れがあります。
■23日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)
・北海道:23メートル(35メートル)
・東北 :18メートル(30メートル)

最大瞬間風速30メートル以上とは?

画像B

最大瞬間風速30メートル以上というのは、何かにつかまっていないと立っていられないくらいの風で、屋根瓦や看板が落下・飛散、車は通常の速度で運転するのが困難なほどです。
あさって24日(火)にかけて、海上では波も高くなるため、暴風や高波に警戒が必要です。