活発な雨雲が東北に近づいて今夜は日本海側で雨や風が強まり、暴風や高波に警戒。太平洋側も雨や雷雨の所があるでしょう。24日頃まで日本海側は大荒れ大しけで、北部内陸は24日以降、平地で雪の積もる所もあるでしょう。

今夜から 日本海側中心に大荒れ 大しけ

画像A

低気圧が日本海で急速に発達し、そこから延びる寒冷前線が東北地方を今夜通過する見込みです。
寒冷前線の通過後は西寄りの暴風が日本海側を中心に吹き荒れるでしょう。
祝日明けの24日(水)にかけて、暴風や高波に警戒が必要です。
<東北 予想 最大風速(最大瞬間風速)>
22日(月)から23日(火)
東北日本海側 海上・陸上 18メートル(30メートル)
東北太平洋側 海上 18メートル(30メートル)
東北太平洋側 陸上 13メートル(25メートル)
24日(水)
東北日本海側 海上 15から19メートル(20から30メートル)
東北日本海側 陸上 15から19メートル(25から35メートル)
<東北 予想 波の高さ>
24日(水)にかけて
日本海側 6メートル

今夜 日本海側中心に雨も強まる 24日(水)以降 東北北部は平地で雪も

画像B

今夜は寒冷前線の通過に伴い、日本海側を中心に雨も強まるでしょう。太平洋側も湿った空気が流れ込み、局地的に雨や雷雨の恐れがあります。
寒冷前線が通過したあとは上空の寒気が強まり、日本海側を中心に断続的に雨が降るでしょう。
大気の状態が不安定で、こちらも雷雨の恐れもあります。落雷や突風に注意してください。
<東北 予想 1時間降水量(いずれも多い所)>
22日(月)
日本海側 20ミリ
太平洋側 25ミリ
23日(火)
日本海側 15ミリ
太平洋側 10ミリ
<東北 予想 24時間降水量(いずれも多い所)>
23日(火)18時まで
日本海側 80ミリ
太平洋側 50ミリ
24日(水)18時まで
日本海側 50から100ミリ
太平洋側 およそ50ミリ
その後も、今週は日本海側を中心に雨が続き、雨量が多くなる恐れがあります。
土砂災害などに十分注意が必要です。
また、今夜以降、上空の寒気が次第に強まるため、山では雨が雪に変わる見込みです。
24日(水)以降は
青森県、秋田県、岩手県の内陸を中心に平地でも雪に変わり、積もる所がありそうです。
雪道になれた東北の皆さんでも、シーズン初めは車の事故が多くなりがちで、休み明けと重なる方も多くなりそうです。
いつも以上に時間に余裕をもって、安全運転を心がけるようになさってください。
今週は気温も低く、日中も一ケタという日がほとんどでしょう。体調管理にも気を付けましょう。
各地で穏やかに晴れるのは、週明けの29日(月)頃となりそうです。