23日(火)は、発達している低気圧の影響で、広く西よりの風が強めに吹き、北海道や東北を中心に大荒れの天気でしょう。東海から九州では、最高気温が12月中旬並みの所もある予想です。

23日(火) 低気圧が発達 日本列島に寒気流入

画像A

23日(火)は、中国東北区や沿海州付近で、低気圧が発達しています。上空1500メートル付近で、0℃以下の寒気が、本州付近の南まで流れ込むでしょう。山で雪の目安とされる寒気です。東北の日本海側や北陸を中心に、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。
北海道には、日本海から雪雲や雷雲が流れ込むでしょう。東北から九州にかけては、日本海や東シナ海から雨雲が流れ込み、山沿いを中心に雪になる見込みです。雷が鳴ることもあるでしょう。雷雲の周辺では、竜巻などの突風が発生することがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがあるときは、直ちに建物の中など安全な場所に移動してください。北海道から九州の太平洋側は日の差す所が多い見込みです。ただ、東北北部では、太平洋側にも雪雲が流れ込むでしょう。沖縄は雲が多い見込みです。
東北では、24日(水)6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で80ミリです。日本海側では、25日(木)にかけて、雷を伴った雨が断続的に降り続き、大雨の恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意、警戒してください。

23日(火) 強風に注意

23日(火)は、日本付近は等圧線の間隔が狭く、広く西よりの風が強めに吹く見込みです。北海道や東北を中心に大荒れの天気でしょう。
予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方と東北地方で18メートル(30メートル)です。風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出るくらいの風です。

23日(火) 予想最高気温

23日(火)の最高気温は、北海道や東北北部は8℃前後でしょう。東北南部は12℃前後の見込みです。関東は16℃くらいでしょう。この時期らしい寒さの所が多い見込みです。東海から九州は13℃から15℃くらいで、きのう22日(月)より3℃くらい低くなる所が多いでしょう。12月中旬並みになる所もある見込みです。沖縄は20℃くらいで、きのうより7℃くらい低く、1月上旬並みの見込みです。