きょう26日(金)は、北海道では雪の降り方が強まり、大雪となる恐れも。積雪や路面の凍結に注意。沿岸部ではふぶく所があるため、車の運転は慎重に。東北と北陸は雨や雷雨。土砂災害に注意・警戒を。

北海道は大雪や吹雪 東北と北陸は雨や雷雨

画像A

きょう26日(金)、日本付近は冬型の気圧配置で、上空には寒気が流れ込む見込みです。
北海道は日本海側を中心に断続的に雪が降るでしょう。大気の状態が不安定となるため、局地的に雷を伴って、雪の降り方が強まり、大雪となる所がありそうです。また、西よりの風がやや強く、沿岸部などふぶく所があるでしょう。見通しの悪くなる恐れがありますので、車の運転は十分に気をつけてください。
東北の日本海側は雨や雪で、雷を伴う所があるでしょう。太平洋側でも所々で雨が降り、内陸部では雪の降る所がありそうです。
北陸から近畿北部も雨や雷雨でしょう。北陸ではこれまでに降った雨で地盤の緩んでいる所があります。土砂災害に注意・警戒し、低い土地の浸水や河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨にも注意してください。
関東から九州、沖縄にかけては、広く晴れる見込みです。空気の乾燥した状態が続きますので、火の取り扱いに注意が必要です。

北海道や東北は寒さが続く 寒さ対策をしっかりと

最高気温は、北海道と東北は平年より低い所が多いでしょう。沿岸部を中心に、西よりの風がやや強いため、実際の気温より寒く感じられそうです。首元など暖かくしてお過ごしください。
北陸や、関東から九州、沖縄にかけては、この時期らしい気温となりそうです。朝晩と昼間の気温の差が大きくなりますので、重ね着などで服装を調節なさってください。