27日(土)と28日(日)も太平洋側を中心に行楽日和。まだまだ紅葉を楽しめる所も。一方、日本海側は、寒気の影響で雪や雨が降る見込みです。今朝は、山形と長野で初雪を観測しました。

27日(土) 日本海側の雪や雨続く 大雪・大雨に注意

画像A

きょう27日(土)は西高東低の冬型の気圧配置が続きます。上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。北海道と東北の日本海側では雪や雨が断続的に降るでしょう。北海道では大雪、着雪、なだれに注意が必要です。北陸から山陰にかけても雨や雪が降るでしょう。関東北部の山沿いや長野県や岐阜県でも雪や雨の降る所がありそうです。今朝は、山形と長野で初雪が観測されました。今後も新たな初雪の便りがあるかもしれません。
一方、東北の太平洋側、関東から九州は大体晴れて、行楽日和となる所が多いでしょう。ただ、東北の太平洋側や東海、近畿など、太平洋側にも一部に雪雲や雨雲が流れ込む所がありそうです。

28日(日) 日本海側の雪や雨は次第にやむ 太平洋側は行楽日和

画像B

あす28日(日)になると徐々に冬型の気圧配置は緩み、西から高気圧が張り出すでしょう。引き続き、関東から九州は広い範囲で晴れの天気が続く見込みです。北海道や東北の日本海側、北陸の雪や雨は明け方から朝くらいまでで、日中は次第にやむ見込みです。太平洋側は一日を通しておおむね晴れて、行楽や紅葉狩りにも良さそうです。

紅葉はまだまだ楽しめる 今週末、見頃の所は?

画像C

この週末もまだまだ紅葉の楽しめる所が多いでしょう。27日(土)現在、関東南部や東海、近畿や四国と九州の一部で、紅葉が見ごろの所があります。場所を選べば、まだまだ紅葉が楽しめそうです。

各地の紅葉状況

画像D

東京の明治神宮や上野恩賜公園は紅葉が見ごろ、六義園も色づき始めました。京都の寺社仏閣などの観光名所も紅葉シーズン真っ盛りです。清水寺、永観堂、北野天満宮、二尊院なども見頃となっていて、境内が鮮やかに彩られています。そのほか、佐賀県の大興善寺も今が見ごろとなっています。
tenki.jpの紅葉情報では全国各地の紅葉見ごろスポットをご紹介しています。ぜひチェックして、お出かけください。
ただ、最高気温は、平年並みか低く、関東から九州でも15℃に届かない所が多いでしょう。12月上旬から中旬並みで、日差しが出ていても風が冷たく感じられるでしょう。冬のコートやダウン、マフラーや手袋なども身に着けるなど、寒さ対策を万全にしてお出かけください。