この先2週間の天気と気温の見通しです。30日(火)から1日(水)は低気圧や前線の影響で、広く雨や風が強まり、荒れた天気の恐れ。前線通過後は寒気が流れ込んできそうです。

1週目(28日〜12月4日)

1週目で、注意が必要なのが、30日(火)〜12月1日(水)にかけてです。日本海を低気圧が発達しながら進み、前線が本州付近を通過するでしょう。前線通過時には発達した雨雲がかかりそうです。広く雨や風が強まり、荒れた天気となるでしょう。特に、北海道の日本海側から北陸で風が強く、大荒れの天気となる恐れもあります。
前線通過後は、寒気が流れ込み、北海道の日本海側は雪が降るでしょう。東北や北陸も山沿いを中心に雪が降りそうです。路面状況の変化にご注意ください。
朝晩は冷え込む日が多いでしょう。29日(月)の朝は東京や名古屋でも霜が降りるほど冷えそうです。また、12月2日(木)頃は西日本を中心に最高気温が平年を下回るでしょう。日中も本格的な寒さになりそうです。

2週目(12月5日〜10日)

画像B

2週目は、寒気の影響で北海道や東北の日本海側、北陸は雪や雨の降る日があるでしょう。太平洋側の各地は晴れる日が多く、空気が乾燥しそうです。のどのケアなどを心掛けると良いでしょう。
最高気温は平年並みか低い日が多く、12月らしく寒さが本格化するでしょう。北海道では一日氷点下の真冬日の日も。関東以西でも寒くなりますので、冬のコートを用意したり、暖房器具の点検をしたりするなど冬支度を進めておくと良さそうです。