30日(火)から12月1日(水)は前線が本州付近を通過し、雨や風が強まるでしょう。前線通過後は冬型の気圧配置に。寒気が流れ込むでしょう。

前線通過 雨・風強まる

画像A

30日(火)から12月1日(水)は、低気圧が発達しながら日本海やオホーツク海へと進み、低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を通過するでしょう。
30日(火)は沖縄や九州から関東で雨が降り、1日(水)は雨のエリアが北へも広がりそうです。前線通過時には発達した雨雲がかかり、雨脚が強まるでしょう。沿岸部を中心に風も強まり、荒れた天気になりそうです。横殴りの雨になる所もあるでしょう。

前線通過後は冬型の気圧配置に

前線が通過した後は、冬型の気圧配置になり、寒気が流れ込むでしょう。
1日(水)の午後から2日(木)にかけては、北海道の日本海側は雪が降りそうです。東北の日本海側や北陸も山沿いを中心に所々で雪が降るでしょう。車の運転は路面状況の変化にご注意ください。また、風が強く、大荒れの天気となる恐れもあります。
太平洋側の各地は次第に天気は回復しますが、冷たい北風が吹きつけるでしょう。

寒暖差にも注意

画像C

この先、寒暖差にも注意が必要です。30日(火)から1日(水)は低気圧や前線に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、最高気温は平年より高くなる所が多いでしょう。ただ、前線通過後は気温が急降下。1日(水)の午後から寒気が流れ込み、次第に冷たい空気に入れ替わるでしょう。2日(木)以降は、冬らしい寒さになりそうです。
関東以西でも冬のコートを準備したり、暖房器具の点検をしたりするなど、冬支度を進めておくと良いでしょう。