師走のスタートは、低気圧が発達し、全国的に荒天に。雨の後は、グッと冬の寒さになるでしょう。北海道では再び大雪となるおそれがあります。

30日(火)〜12月6日(月)

あす30日(火)は、次第に西から低気圧や前線が近づいてくるでしょう。朝は晴れる所が多いですが、西から天気が下り坂となりそうです。九州や中国、四国は昼頃から雨が降り出し、次第に雨の範囲が広がる見込みです。夜には関東でも雨が降り出すでしょう。
12月1日(水)にかけて低気圧が発達しながら日本海からオホーツク海に進む見込みです。2日(木)にかけて、冬型の気圧配置となり、全国的に荒れた天気となる所がありそうです。上空には強い寒気が流れ込み、北海道や東北、北陸では日本海側を中心に雪や雨が降るでしょう。仙台など太平洋側にも雪雲が流れ込む所がありそうです。全国的にグッと気温が低くなり、この時期らしい冬の寒さになるでしょう。
その後も4日(土)頃にも北海道を中心に雪が降りますが、東北から九州、沖縄は大体晴れるでしょう。5日(日)は全国的に晴れるでしょう。6日(月)は九州や沖縄で次第に雨が降りそうです。
2日(木)から6日(月)頃にかけては東北から九州、沖縄にかけて大体晴れる見込みです。

7日(火)〜12日(日)

画像B

7日(火)は東北から九州にかけて天気が崩れるでしょう。8日(水)も北海道から近畿は雨の降る所が多い見込みです。9日(木)から10日(金)は関東から九州は晴れる所が多いですが、北海道は10日(金)から11日(土)は雪が降りそうです。11日(土)は東北から九州は大体晴れる見込みです。12日(日)は東海から九州で雨が降る見込みです。
最高気温は平年並みか高いでしょう。特に8日(水)は東北や関東、東海などで、平年を大幅に上回り、20度近くまで上がる所もありそうです。ただ、九州は15度に届かないでしょう。日々の寒暖差が大きくなりますので、体調管理にご注意ください。