きょう3日(金)は、太平洋側は晴れますが、日本海側は雨。南から暖かい空気が入り、日中は北海道も平地では雪ではなく雨となりそう。路面状況の悪化に注意が必要です。

北海道 雪解けによる路面状況悪化に注意

画像A

きょう3日(金)は、日本海から前線を伴った低気圧が北日本へ近づく見込みです。日本海側は所々で雨や雪。雷を伴い強く降る所があるでしょう。寒冷前線が通過する前は、暖かい空気が流れ込むため、日中は北海道も平地では雪ではなく、雨の所が多くなりそうです。
きのう2日(木)は、札幌で最深積雪が14センチと今季一番の積雪となりました。きょう3日(金)の日中は、札幌など平地では雪ではなく雨の所が多く、路面の状況が悪くなるため注意が必要です。
北陸は午前中は晴れますが、午後は雲が多くなり夕方から雨。山陰、九州も所々で雨が降るでしょう。一方、太平洋側と沖縄は晴れる所が多いでしょう。関東は朝まで雨の所がありますが、日中は晴れる見込みです。

日中は寒さ和らぐ 朝晩と日中の気温差大

けさ(3日)は全国的に冷え込みましたが、日中は気温が大幅にアップ。予想最高気温は、札幌9℃、仙台14度と、きのう(2日)より8℃くらい高く、11月中旬並みとなりそうです。北日本の積雪が多い所では、雪崩や屋根からの落雪に注意が必要です。関東から九州では15℃前後まで上がり、東京は17℃まで上がる見込みです。
東京都心など、日中は日差しと南風で寒さが和らぎますが、夜は北風に変わりグッと冷えます。また、北海道では、日中は雨ですが、夜は再び雪に変わり冷え込みが強まります。一日の中でも気温のアップダウンが激しくなりそうです。重ね着など服装でうまく調節し、体調を崩さないようお気をつけ下さい。