あす4日と5日は、全国的にこの時期らしい寒さに。その先はしばらく気温が平年より高めの所が多くなりそう。次に寒気が流れ込むのは14日頃。

1週目:4日(土)から10日(金)

きょう3日は前線や低気圧が北日本付近を通過。日中いっぱいは全国的に南よりの風が吹きますが、夜は西または北よりの風に変わって寒気が流れ込んできます。
あす4日は、北海道や東北は多くの所で雪が降るでしょう。岩手県の内陸など東北の平地でも、夜は雪の積もる所がありそうです。北陸から山陰は雨で、山沿いは雪の所も。峠では路面状況の変化に注意が必要です。晴れる関東から西の太平洋側や九州も、風が冷たいでしょう。なお、小笠原諸島では台風21号の接近に伴い荒れた天気となりそうです。
5日は、日本海側の雪や雨も次第にやんで広く晴れ。ただ、気温はあまり上がらず、全国的にこの時期らしい寒さでしょう。
その先、天気が短い周期で変わり8日頃は雨雲が広がる見込みです。気温は、この時期としては高い日が多くなるでしょう。寒さはいくぶん和らぎそうです。

2週目:11日(土)から16日(木)

画像B

この期間は、北陸から北は日本海側を中心に雨や雪の日が多いでしょう。13日頃は気圧の谷が通過するため降り方の強まる所もあり、沿岸部は風が強まる可能性もあります。
一方、関東から西では、連日のように晴れるでしょう。
気温は、全国的に平年より高めの日が多い予想です。ただ、14日と15日は寒気が流れ込み、平年並みか低くなるでしょう。気温の変動が大きくなりますので、体調を崩さないようお気を付けください。特に北海道はグッと低くなり、一日中0℃に届かない「真冬日」の所が多くなりそうです。