この先1週間の天気と気温の傾向。週末は北日本を中心に雪。晴れる地域も冬の寒さ。来週は一転して、高温傾向に。

週末は寒気流入 晴れても寒い

画像A

あす4日(土)は西高東低の気圧配置に変わるでしょう。上空1500メートル付近でマイナス6℃以下の寒気(平地で降れば雪になる目安)の寒気が北陸や山陰付近まで南下。地域によって、強い寒気が流れ込むタイミングには幅がありますが、4日(土)夜から5日(日)明け方にかけてピークになる所が多くなりそうです。
4日(土)は、北陸では雨が降りやすく、平野部でも雪のまじる所があるでしょう。東北と北海道は日本海側を中心に雪の降る所が多く、ふぶく所もありそうです。夜は岩手県の内陸など、平地でも雪が積もるおそれがあります。積雪や凍結で路面の状況が悪くなる所では、車の運転はいつも以上に慎重になさってください。全国的に北よりの風が強まって、この時期らしい寒さの所が多いでしょう。
5日(日)は高気圧に覆われて、全国的に穏やかに晴れる見込みです。ただ、上空には寒気が居座るため、最低気温、最高気温ともに平年並みでしょう。九州から関東の最高気温は13℃前後の所が多くなりそうです。北陸や東北はひとケタの所がほとんどで、北海道は5℃以下の所が多いでしょう。朝晩は底冷えするような寒さで、対策が欠かせません。

来週 太平洋側を中心に雨の日も

画像B

6日(月)以降は、太平洋側に地域を中心に雨の降る日がありそうです。高気圧の周辺から湿った空気が流れ込みやすいためで、8日(水)は九州から関東、北陸の広い範囲で雨が降るでしょう。長時間、降り続く雨ではありませんが、広い範囲で雨雲がかかりそうです。
また気温が平年より高いことも、来週の特徴です。

12月8日頃から 平均気温 かなり高い所も

画像C

きのう2日(木)気象庁から発表された「早期天候情報」によりますと、中国地方と近畿、東海、関東甲信、東北、北海道は12月8日(水)頃から、平均気温が平年よりかなりの高温が予想されています。関東甲信のかなりの高温の基準は、5日間平均気温平年差が+2.2℃以上です。
予報の期間は12月8日(水)〜16日(木)を対象にしたものですが、東北は6日(月)頃から、東海は7日(火)頃から、平均気温がかなり高くなる可能性があります。
週間予報では、8日(水)以降は最高気温は平年並みでも、最低気温が平年より5℃以上高く予想されている所もあり、寒気の影響を受けにくいでしょう。週末から来週にかけて気温差が大きくなりますので、体調管理にご注意ください。