あす6日(月)以降、気温は北日本を中心に平年よりかなり高くなる日も。本格的な冬の到来は、まだ先に。

前半:6日(月)〜12日(日)

前半の期間は短い周期で天気が変わり、平年より気温が高くなる日が多いでしょう。冬の寒さをもたらす寒気が流れ込んでも、一時的になりそうです。
あす6日(月)の日本付近は高気圧と高気圧の間、気圧の谷に。近畿や東海、北陸は昼頃から雨の降る所が多いでしょう。関東甲信も夕方以降は局地的に雨が降りそうです。7日(火)から8日(水)にかけては、東北南部でも雨が降るでしょう。9日(木)と10日(金)は全国的に晴れますが、11日(土)は再び気圧の谷が通過。北陸や東北、北海道の日本海側は曇りや雨となり、一時的にザッと雨脚が強まることもありそうです。その後は、一時的に寒気が流れ込んで、北海道は平地でも雪の降る所があるでしょう。
最低気温、最高気温ともに平年より高い所が多く、平年より5℃以上高い所も。北の地域ほど、気温の高さが顕著です。きょう5日(日)にかけては、北日本を中心に平野部でも雪の積もっている所があります。屋根から落ちる雪やなだれにご注意ください。また除雪作業をする際は、必ず2人以上で安全に行いましょう。

後半:13日(月)〜18日(土)

画像B

後半の期間は、太平洋側は晴れる日が多いでしょう。北陸から北の日本海側は、曇りや雨の日が多くなりそうです。14日(火)に前線が通過した後は、強い寒気が流れ込む予想で、札幌は15日(水)以降、雪の降る日が続くでしょう。18日(土)は西日本を中心に雨が降りそうです。
気温の傾向は15日(水)頃を境に変わるでしょう。15日(水)頃までは北日本を中心に気温は平年より高い日が多く、仙台では最高気温が15℃近くまで上がる日もあるでしょう。16日(木)は一転して、北陸や東北、北海道の最高気温は、平年より低くなり、札幌は最高気温が0℃未満の冬日の予想です。関東から西では、極端な寒さはないものの、日ごとの気温差が大きくなるでしょう。
あさって7日(火)は二十四節気の大雪(たいせつ)。平地にも雪が積もり、本格的な冬を迎える頃と言われます。実際には、まだ日差しのもとでは暖かさも感じられる日もあり、季節の進みはゆっくりになるでしょう。