けさ19日も全国的に冷え込み、全国のアメダス地点では今シーズン初めて、最低気温がマイナス20℃以下を観測。東京、横浜などで初氷、広島から初霜の便りが届きました。

東京などで初氷

けさ19日(日)は寒気と放射冷却の影響で、全国的に冷え込みました。富士山を除く全国のアメダス地点で、今シーズン初めて、最低気温が20℃以下になった所がありました。
きょう19日(日)午前9時までの最低気温は、北海道釧路地方の弟子屈町川湯でマイナス21.4℃、宗谷地方の中頓別町ではマイナス20.5℃、十勝地方の陸別町はマイナス20.3℃、釧路地方の標茶町はマイナス20.0℃でした。また東京都心は、最低気温がマイナス0.7℃まで下がり、今シーズン初めての冬日(最低気温0℃未満)となりました。
日中の気温は、きのう18日(土)より3℃ほど高い所が多い予想です。ただ、平年と比べると低く、厳しい寒さが続くでしょう。

冬の便り続々 初氷・初霜

画像B

この寒さで、冬の便りも届きました。
津と東京、横浜、銚子で初氷が観測されました。
津 平年より4日遅く、昨年より3日遅い
東京 平年より5日早く、昨年より4日遅い
横浜 平年より5日遅く、昨年より1日遅い
銚子 平年より4日早く、昨年より4日遅い
きょう19日(日)、広島で初霜が観測されました。平年と同じで、昨年より2日遅い観測です。

西日本で初冠雪

画像C

初冠雪の便りも届きました。
きょう19(日)、佐賀地方気象台は、天山(てんざん)が初冠雪を観測したと発表しました。また高松地方気象台は、讃岐山脈が初冠雪したと発表しました。
天山 平年より10日遅く 昨年より4日遅い
讃岐山脈 平年より1日遅い 昨年より12日早い