きょう21日は、北陸以北は低気圧や前線の影響で雨や雪。局地的に雷を伴う。一方、関東以西はおおむね晴れ。気温はきのうより上昇。

前線を伴った低気圧 北日本を通過

きょう21日(火)は、前線を伴った低気圧が北海道付近を通過。この影響で、北陸から北は大気の状態が不安定で、雷雲が発達しやすい状況に。また、沿岸部を中心に風がやや強く吹くでしょう。低気圧に向かうように南から暖かい空気が流れ込むため、日中は雨の所が多く、路面状況の悪化にも注意が必要です。
【各地の天気】
●北海道:朝のうちは東部も含めて多くの所で雪が降るでしょう。日中は、まとまった雪雲は離れるものの、所々で湿った雪や雨。雷を伴う可能性もあります。夜は、南西部や北部の広い範囲で雪や吹雪となるでしょう。
●東北日本海側:断続的に雨。強く降る所や、雷の鳴る所もあるでしょう。山沿いでは、夜になると雨から雪に変わりそうです。
●東北太平洋側:晴れ間もありますが、朝晩を中心に所々に雨雲や雪雲がかかるでしょう。
●北陸:雨が降ったりやんだりで、雷雨になる所もありそうです。
●関東甲信・東海:日中いっぱい晴れ。夜は、山沿いの一部で雪や雨が降るでしょう。
●近畿:南部と中部は晴れるでしょう。北部も日差しが届きますが、昼頃からはにわか雨の所もありそうです。
●中国・四国・九州:おおむね晴れるでしょう。
●沖縄:湿った空気が流れ込み、昼頃から広く雨に。夜は局地的に雨脚が強まるでしょう。

最高気温 きのうより高くなる所がほとんど

上の項目でお伝えした通り、日中は低気圧に向かうように暖かい空気が流れ込みます。全国的に気温が上がるでしょう。
最高気温は、北海道は2℃から5℃くらい、東北北部は7℃から10℃くらい、東北南部と北陸は13℃前後の所が多い予想。きのうより高く、この時期としても高めになりそうです。ただ、夜は冷たい北風が吹いて、日本海側を中心に気温がグッと下がってくるでしょう。
関東から九州にかけては15℃前後の所が多いでしょう。日差しが暖かく、昼間はジャケットなど軽めの上着でも過ごせそうです。夜も冷え込みは弱いでしょう。
沖縄は、きのうとあまり変わらず20℃くらいの予想です。