きょう21日(火)のお帰りの時間、傘が必要な所は、北海道、東北、北陸、そして沖縄です。北海道と東北では雨から雪に変わる所もありそうです。路面状況の変化にお気をつけください。

北海道・東北・北陸・沖縄で傘が必要に

きょう21日(火)は、低気圧が発達しながら日本海を東に進み、前線が北日本を通過するでしょう。また沖縄付近は気圧の谷や湿った空気の影響を受ける見込みです。お帰りの時間、傘が必要な所は、北海道、東北、北陸、そして沖縄です。
北海道の日本海側は雪でふぶく所があり、太平洋側でも所々で雪や雨が降るでしょう。東北は、日本海側を中心にあちらこちらで、雨や雪が降る見込みです。太平洋側は日中は晴れ間があるものの、一部に雨雲や雪雲が流れ込みそうです。念のため、傘をお持ちください。
北陸は雨が断続的に降り、雷を伴う所がありそうです。寒気は北上するため、北陸では平野部では雪ではなく、雨が主体となるでしょう。大雨となる所もありそうです。雪が積もっている所で雨が降ると、路面状況が悪化しますので、足元や車の運転にお気をつけください。
沖縄は午後は雨が降ったりやんだりでしょう。お出かけの際に雨が降っていなくても、傘をお持ちください。
その他、関東甲信、東海、近畿、四国、中国地方、九州は、日中は晴れる所が多い見込みです。平野部では夜にかけて、天気の崩れはなく、お帰りの時間帯もおおむね晴れるでしょう。傘は必要なさそうです。
ただ、関東甲信の山沿いでは夕方から雪や雨の降る所があるでしょう。東海の山沿いでは雪が降る見込みです。また、近畿の山沿いでも、午後は一部で雨や雷雨の所がありそうです。