きょう(21日)は、本州付近には暖かい空気が流れ込み気温上昇。積雪の多い所では、雪崩や路面状況の悪化に注意。夜は一転、北日本では猛ふぶきに警戒が必要です。

気温アップ↑

画像A

きょう(21日)は、前線を伴った低気圧が北海道を東進。南からは暖気が流れ込み、各地で気温が上昇しています。正午の気温は、各地できのう(20日)より高く、札幌は3.6℃、新潟は12.9℃、東京は13.8℃、福岡は16.1℃など。新潟はきのう(20日)より9℃くらい高く、福岡は9日ぶりに15℃を超えました。東京も13.8℃と、たっぷりの日差しと南風で気温が上がっています。
北海道は正午でも雪の所が多いですが、東北や北陸は山沿いを除き、雨の所が多くなっています。21日正午現在、新潟県津南町や魚沼市西名(守門)、群馬県みなかみ町藤原などでは40センチ〜50センチの雪が積もっています。雪崩や屋根からの落雪、路面状況の悪化などに注意が必要です。

今夜 北海道で猛吹雪に警戒

画像B

今夜(21日)、北海道付近の低気圧が通過したあとは、北日本を中心に冬型の気圧配置が強まり寒気が流れ込みます。各地で気温が急降下、グッと冷え込みが強まります。北海道では日本海側を中心に雪で、最大瞬間風速は日本海側の陸上で35メートルと台風並みの暴風となりそうです。猛吹雪による交通障害などに警戒が必要です。