22日は、北海道は猛ふぶきに警戒が必要です。東北も日本海側はふぶき、北陸から山陰は雨や雪が降るでしょう。九州や四国では晴れて、最高気温が18℃くらいの所もある見込みです。

22日 北海道は猛ふぶきに警戒

画像A

22日は、北日本を中心に冬型の気圧配置でしょう。南西諸島付近を低気圧が通過する見込みです。
北海道は、日本海側を中心に昼過ぎにかけて西または北西の風が雪を伴って非常に強く吹くでしょう。猛ふぶきや吹きだまりにより交通へ影響がでる恐れがあります。暴風に警戒してください。局地的に雪の降り方が強まり、大雪になることもあるでしょう。寒気の程度等によっては警報級の大雪になる恐れもあります。
22日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、日本海側20メートル(35メートル)、太平洋側18メートル(30メートル)です。22日午前6時から23日午前6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、日本海側60センチです。

22日 東北も日本海側はふぶき 関東など太平洋側は晴れる

東北も日本海側は雪が降り、ふぶくでしょう。雷が鳴る所もある見込みです。太平洋側は晴れ間が出るでしょう。
北陸は雨や雪が降る見込みです。近畿北部や山陰も雨雲がかかりそうです。
関東や東海は日差しが届くでしょう。広く西または北よりの風がやや強く吹く見込みです。
近畿中部、南部、山陽、四国、九州は大体晴れて、風も比較的穏やかでしょう。
沖縄は雨が降り、東よりの風が強めに吹く見込みです。

22日 最高気温

22日の最高気温は、北海道や東北北部は2℃くらいの所が多い予想です。朝からほとんど気温が上がらず、0℃未満の真冬日になる所もあるでしょう。東北南部や北陸は5℃くらいの見込みです。
関東から中国地方は13℃くらいの所が多いでしょう。四国や九州は16℃から18℃くらいの所が多く、日差しに温もりを感じられそうです。沖縄は21℃くらいでしょう。

22日 冬至

22日は、二十四節気のひとつ、冬至。1年のうちで、昼間が一番短い日です。東京都心では、昼は9時間45分、夜は14時間15分です。
冬至は、暦の上では冬の真ん中ですが、実際は本格的に寒くなり、これから冬が始まるように感じられるという意味で、「冬至、冬なか冬はじめ」という言葉があります。この先、クリスマスの夜から寒波襲来となり、全国的に厳しい寒さが予想されます。寒さに備えて、ゆず湯に入って体を温めたり、カロチンやビタミンを多く含むかぼちゃを食べ、風邪などへの抵抗力をつけたりするとよいでしょう。