25日(土)頃からは東北日本海側を中心に暴風雪や大雪の恐れがあり、先週末よりも雪の降り方が強まる可能性があります。また、寒さも一段と厳しく、最高気温が0℃に届かない「真冬日」の所も多くなりそうです。

25日(土)から27日(月)にかけて暴風雪・大雪の恐れ 寒さも厳しく

画像A

あす(木)も冬型の気圧配置が続くため、日本海側では雪が降りやすいでしょう。ただ、積雪が大きく増えるような降り方ではなさそうです。
そして、気を付けなければいけないのは今週末です。25日(土)クリスマス頃からは冬型の気圧配置が強まり、先週末よりも強い寒気が流れ込む予想です。上空5000メートル付近で-36℃以下の寒気が大雪の目安とされていますが、今週末は秋田上空に-40℃以下の寒気が流れ込む見込みです。寒気の強さとしては12月の1位の記録に匹敵するくらいの予想です。そして、この強い寒気は27日(月)頃まで居座るでしょう。週明けにかけては日本海側を中心に暴風雪や大雪に注意・警戒が必要です。
また、太平洋側にも雪雲が流れ込み、仙台や福島など平地でも積雪となる恐れがあります。雪や風の影響で、交通機関が乱れることも考えられるため、無理な外出を控えるなど、計画は慎重になさって下さい。
気温はこの先、平年を下回る日が多くなるでしょう。特に今週末からは寒さが一段と厳しくなり、最高気温が0℃に届かない「真冬日」となる所が多くなりそうです。
また、最低気温も-4℃以下の所が多くなり、平地も含め水道管凍結のリスクが高くなります。年末にかけて移動する方もいらっしゃるかと思いますが、長い期間、家を空ける際は水道管の水抜きなど忘れずに行うようにして下さい。

年末年始も寒さ続く 初日の出は見られる?

画像B

大晦日や元日は日本海側で雪が降りやすいでしょう。太平洋側も雨や雪の降る所が多く、今のところ初日の出が見られる地域は少ない見込みです。仕事始めの方も多い4日(火)も雪の降る所が多く、年が明けても強い寒気が度々流れ込む予想です。
この期間、気温は平年並みか平年を下回る日が多いでしょう。寒い日がしばらく続きますので、体調を崩さないようにお気を付け下さい。