あす24日・クリスマスイブは、北日本では雪の降る所があり、北海道は日中も気温が0度に届かない「真冬日」となる所が多くなりそうです。東日本と西日本の太平洋側では、雨雲のかかる所があるでしょう。

クリスマスイブ 北日本では雪に

あす(24日)・クリスマスイブは、北日本中心の冬型の気圧配置で、北海道の日本海側や東北は、雪が降るでしょう。北海道ではふぶく所があり、見通しが悪くなることがありますので、車の運転などに注意が必要です。北陸も雪や雨の降る所があるでしょう。一方、関東甲信は、大体晴れる見込みです。
東海から九州にかけては、日中は晴れる所が多いものの、次第に雲が増えてきそうです。東海や近畿、四国では一部で雨雲がかかり、九州も所々で雨が降るでしょう。念のため雨具を準備しておくと安心です。沖縄も雲が広がりやすいでしょう。
あすは、北日本では厳しい寒さとなり、北海道は日中も気温が0度に届かない「真冬日」となる所が多いでしょう。東北も真冬並みの寒さとなりそうです。万全の寒さ対策をしてお過ごしください。一方、関東から九州にかけては、最高気温は15度くらいの予想で、平年より高いでしょう。ただ、夜はグッと冷え込みますので、暖かくしてお過ごしください。那覇の最高気温は24度の予想で、11月下旬並みとなりそうです。

クリスマスの天気は

あさって(25日)・クリスマスは、東日本・西日本も次第に冬型の気圧配置となりそうです。北日本の日本海側では、断続的に雪が降り、風が強まってふぶく所があるでしょう。北陸も、断続的に雪や雨が降り、近畿北部や山陰でも、次第に雪や雨が降りそうです。一方、北日本から西日本の太平洋側の地域は、晴れ間の出る所が多い見込みです。沖縄は雲が多いでしょう。
日中の予想最高気温は、北日本では真冬並みの寒さで、東日本・西日本も、この時期らしい気温となる所が多く、日中も空気が冷たいでしょう。暖かくしてお過ごしください。