24日は、北海道や東北の日本海側、北陸を中心に雪や雨が降る見込みです。関東から九州は日差しが届きますが、次第に雨雲がかかるでしょう。

24日 日差しが届く地域も天気は下り坂

画像A

24日は、北日本を中心に冬型の気圧配置で、上空1500メートル付近で、マイナス6℃以下の寒気が、東北北部まで流れ込むでしょう。本州付近は次第に気圧の谷や湿った空気の影響を受ける見込みです。
北海道は日本海側は雪雲がかかり、ふぶく所があるでしょう。太平洋側は晴れ間が出る見込みです。東北は日本海側は雪や雨が降り、太平洋側も雲が多いでしょう。太平洋側でも夕方以降は雪や雨が降る所がある見込みです。新潟県は雨や雪が降り、北陸3県にも雨雲がかかる見込みです。午後は雷が鳴ることもあるでしょう。
関東甲信から九州は日差しが届く見込みです。ただ、天気は下り坂へ向かうでしょう。クリスマス前夜は、雨具が必要な所が多くなりそうです。今のところの予想では、雨雲がかかり始めるのは、九州は夕方から、中国地方、四国は夜、近畿は早い所では夕方、東海や関東南部と甲信は夜です。甲信では、標高の高い所は雪になるでしょう。雨や雪は、特に強く降ることはない見込みです。
沖縄も雨が降る時間があるでしょう。

24日 予想最高気温

24日の最高気温は、北海道はマイナス3℃くらいの所が多く、ほとんどの所で0℃未満の真冬日になるでしょう。東北北部は1℃から3℃くらいと、真冬並みの所もある予想です。東北南部は5℃くらいで、平年並みでしょう。
関東から九州北部は14℃前後、九州南部は17℃くらいの見込みです。きのう(23日)と同じくらいの所が多く、平年より3℃くらい高いでしょう。沖縄は25℃くらいで、きのうより3℃くらい高く、11月中旬並みの見込みです。