強い冬型の気圧配置や低気圧の影響で、北海道付近は25日から日本海側の広い範囲で荒れた天気となる恐れがあります。また、上空には強い寒気が居座るため、寒さが続きそうです。大雪や寒さに対する注意が必要です。

上空に非常に強い寒気が流入し、強い冬型の気圧配置に

昨日(23日)から今日(24日)にかけては、気圧の谷の影響で強い雪雲が形成され、宗谷地方では大雪となっています。午前9時までの24時間で降った雪の量は、宗谷地方の稚内空港で最も多く65センチでした。稚内空港では平年の約4.5倍の積雪となっています。
明日(25日)は日本海上に、気圧の谷に伴う活発な雪雲が発生するでしょう。この雪雲は次第に南下するため、日本海側の広い範囲で影響を受ける見込みです。局地的な大雪や吹雪、吹きだまりによる交通障害に注意・警戒が必要です。明後日(26日)には再び強い冬型の気圧配置となり、日本海側の広い範囲で風雪の強まる恐れがあります。大雪や吹雪、吹きだまりによる交通障害に注意及び警戒が必要です。

札幌での影響は小さい見込みだが油断は禁物

今のところ、26日にかけて札幌周辺への顕著な雪雲の流入はない見込みですが、油断はできません。雪雲の動向は非常に予測しにくく、進路が少し変化しただけでも影響を受ける地域が大きく変わることがあります。最新の気象情報に注意して下さい。

年末にかけて寒さ続く?

画像C

図は、北半球上空約5,500m付近の高度予想図(週間予報支援図:初期時刻23日21時 出典:気象庁)。右の図が12/27〜12/31の5日間平均図となりますが、これを見ると、図中央の北極圏から寒気が中緯度(サハリン方面と北大西洋)に向かって放出される予想となっています。近年注目されている「負の北極振動」の状態に近く、年末にかけて北極圏の強い寒気がシベリア方面を経由してほぼダイレクトに日本列島に入りやすい状況が予想されます。米国海洋大気庁(NOAA)も年末あたりまで負の北極振動が続く可能性が高い予想を出しており、当面は北からの強い寒気が入りやすい状況が続きそうです。