強い冬型の気圧配置に。日本海側には活発な雪雲がかかり、北日本に限らず北陸から山陰の平地も積雪が増えてきています。日中から夜にかけても多くの所で雪が降り、紀伊半島や四国など西日本太平洋側の平地も雪が積もるおそれがあります。

日本海側は大雪 雪雲は太平洋側にも

画像A

日本海側では、きのう25日の夜から雪の降り方が強まってきました。
新潟県津南町や妙高市関山で一晩で約50センチの雪が新たに積もるなど、本州の山沿いは積雪が急増した所があります。
さらに、富山市29センチ、豊岡市15センチ、鳥取市13センチ、松江市4センチ(いずれも午前8時現在の値)と、北陸から山陰の平地も広い範囲で雪が積もり、きのうの朝とは景色が一変しています。日中から夜にかけて、さらに雪の降る所が増えるでしょう。
日本海側は九州北部も含めて広く雪が降り、大雪のおそれ。名古屋市周辺から紀伊半島、四国など、東海から西の太平洋側の平地も積雪や路面凍結に注意が必要です。すでに交通が乱れているエリアもあり、今後、影響が拡大する可能性があります。
【各地の天気】
●北海道・東北:日本海側は断続的に雪で、局地的に雷を伴うでしょう。風が強く、ふぶいて見通しがかなり悪くなる所がありそうです。太平洋側も所々で雪や吹雪となるでしょう。
●北陸:雪が続きます。局地的に雷を伴い強く降るでしょう。
●関東甲信:多くの所で晴れそう。ただ、関東北部山沿いは雪。長野県北部は平地も雪で、積雪が増えそうです。
●東海:今朝、岐阜県は山沿いを中心に雪で、三重県の海沿いの地域や名古屋市周辺にも雪雲。このあとも雪雲の流れ込みやすい状況が続くでしょう。
●近畿・中国地方:山陰と近畿北部は断続的に雪で、雷を伴う所も。晴れ間のある近畿中部・南部、山陽も、所々で雪が降るでしょう。
●四国:今朝はまだ雪の所は少ない状況です。夕方以降は平地も含め所々で雪が降るでしょう。
●九州:北部は一日雲が多く、ときおり雪が降ります。夜は南部でも雪の降る所があるでしょう。
●沖縄:曇り空で、にわか雨の可能性があります。

最高気温

全国的に平年より低いでしょう。
北海道や東北北部は一日中0度に届かない「真冬日」の所が多く、東北南部や北陸も凍えるほどの寒さです。北陸から山陰、九州北部は3℃前後でしょう。関東以西の太平洋側は6℃前後の所が多い予想です。
各地、季節風が強く、体感温度はさらに低くなります。防寒を万全になさってください。