まもなく年越し寒波が襲来。日本海側で大雪や大荒れ、大しけのおそれも。帰省など移動を予定されている方は交通機関への影響に注意。太平洋側で晴れる所も厳しい寒さとなりますので、防寒対策を万全に。

30日(木)〜1月5日(水)

30日(木)は次第に冬型の気圧配置が強まるでしょう。本州の日本海側では、夜は広く雪が降り、北陸などで局地的に雪の降り方が強まる見込みです。再び大雪となる所がありますので、車の立往生など交通障害に警戒をしてください。
一方、関東から九州の太平洋側はおおむね晴れて、東京など関東では最高気温は15度くらいまで上がりそうです。日差しが暖かく、大掃除やお正月準備の買い出しなどに最適でしょう。ただ、午後には次第に寒気が流れ込み、夜になるにつれて、急に冷えてきそうです。
31日(金)大晦日から1月1日(土)元日にかけて北海道から九州の日本海側を中心に雪が降り、大雪となる所があるでしょう。風も強まり、ふぶいたり荒れた天気になるおそれもあります。帰省など移動を計画されている方は、交通機関などの情報をしっかりチェックするようにしてください。山は猛ふぶきで極寒になるでしょう。ご来光目的などの登山は計画の見直しを含めてご検討ください。
1月1日(土)元日は、関東から九州の太平洋側、沖縄は晴れて、初日の出が拝めるでしょう。ただ、東京は朝は氷点下の冷え込みになり、日中も7度くらいと、厳しい寒さになりそうです。初日の出見物や初詣などの際は、寒さ対策は必須です。
2日(日)は次第に寒気が緩み、北陸から山陰では、雪ではなく、雨が降りそうです。なだれや屋根からの落雪に注意が必要です。
3日(月)から5日(水)は、北海道、東北、北陸は雪、関東から九州、沖縄はおおむね晴れる見込みです。

6日(木)〜11日(火)

画像B

6日(木)と7日(金)は北陸を中心に雪が降るでしょう。北海道や東北、関東から九州は大体晴れる見込みです。
8日(土)からの三連休は北陸や関東から九州は雲が多く、雨が降りやすいでしょう。北海道や東北の日本海側を中心に雪が降る見込みです。
11日(火)は全国的に雨が降りやすいでしょう。沖縄はしばらく曇りや雨の日が多くなりそうです。
最高気温は関東から九州も10度に届かず、厳しい寒さの日が多いでしょう。