きょう31日(金)は、日本海側を中心に大雪に警戒を。北海道や東北、北陸では猛吹雪の恐れも。太平洋側の平地でも雪の積もる所がありそう。全国的に厳しい寒さに。年越しの準備は、万全の防寒対策で。

日本海側は大雪・猛吹雪に警戒

画像A

きょう31日(金)は、上空に強い寒気が流れ込み、日本付近は強い冬型の気圧配置となる見込みです。
北海道から山陰にかけての日本海側は、広い範囲で雪が降るでしょう。大気の状態が不安定となるため、雷を伴う所がある見込みです。北海道や東北の日本海側、北陸では、局地的に雪や風が強まりそうです。大雪や猛吹雪による交通への影響に警戒してください。
太平洋側にも雪雲が流れ込む見込みです。このため、関東甲信や東海、近畿の山沿いでは大雪となり、平地でも積雪となる所があるでしょう。積雪や路面の凍結に注意が必要です。
四国や九州は昼頃まで雪か雨が降りやすいですが、午後は晴れる所が多いでしょう。沖縄は晴れ間が広がる見込みです。
また、全国的に北または西よりの風が強まるため、沿岸部では波が高いでしょう。北海道や東北、北陸では、大しけとなる所があるため、高波に警戒してください。

全国的に厳しい寒さ

最高気温は、全国的にきのう30日(木)より大幅に低く、厳しい寒さとなりそうです。
北海道と東北北部は氷点下の所が多く、北陸は1℃くらいにとどまるでしょう。関東から九州にかけては、5℃を少し超える程度の所が多い見込みです。
北または西よりの風が強まるため、実際の気温よりさらに寒く感じられそうです。屋外の大掃除などをされる際は、万全の防寒対策をして作業なさってください。