年越し寒波のあとも、たびたび強い寒気が流入。北陸や東北、北海道は雪の降る日が多く、3日〜4日は再び大雪のおそれ。

あす2日 日本海側 雨の所も

画像A

あす2日は、低気圧からのびる前線が北日本付近を通過する予想です。午後は北海道や東北を中心に雪が降り、雷を伴って降り方が強まることもあるでしょう。また前線に向かって暖かい空気が流れ込むため、北陸の平地では雨の降る所が多くなりそうです。大雪になった所では雪解けが進むため、屋根から落ちる雪などにご注意ください。夜は雪に変わる所が多いでしょう。
関東と東海は晴れますが、夜は山沿いで雪が降りそうです。また近畿から九州は日差しがあっても、日本海側を中心に局地的に雨が降るでしょう。標高の高い所を中心に、雪がまじる所もありそうです。

たびたび冬型強まる 大雪のおそれ

画像B

あさって3日は、日本付近は再び冬型の気圧配置が強まるでしょう。上空には強い寒気が流れ込み、4日にかけて北陸や東北と北海道の日本海側では大雪になるおそれがあります。きょう元日にかけての年越し寒波ほど強いレベルではありませんが、それでも平地で降れば雪になる目安(上空1500メートル付近でマイナス6℃以下)の冷たい空気が山陰付近まで流れ込むでしょう。5日以降も強弱を繰り返しながら寒気が流れ込み、日本海側を中心に雪の降る量が多くなりそうです。
関東から九州の太平洋側は晴れる日が多いですが、5日〜6日は前線の影響で雲が増えるでしょう。九州は南部を中心に雨が降りそうです。昼間も気温があまり上がりません。6日の東京都心の最高気温は5℃の予想。ダウンコートなどで、万全の対策をしてください。