3日(月)は、日本海側では雪が続き、北海道は風が吹き荒れるので、猛ふぶき・暴風・大雪のおそれがあります。一方、太平洋側は広く晴れるため、空気の乾燥に注意が必要です。北海道や東北を中心に、昼間も厳しい寒さですので、しっかり暖かくしてお過ごしください。

北海道は「猛ふぶき・暴風・大雪」のおそれ

画像A

3日(月)は、低気圧が発達しながらオホーツク海へ進み、断続的に寒気が流れ込むでしょう。予想天気図を見ますと、北海道では等圧線の間隔が狭くなっています。等圧線の間隔が狭くなればなるほど、風が強く吹くことを表しているのです。
そのためポイントは「北海道では、猛ふぶき・暴風・大雪のおそれがある」ということです。
3日(月)に予想される最大瞬間風速は、北海道日本海側陸上で35メートル、北海道日本海側海上・太平洋側・オホーツク海側海上で30メートル、オホーツク海側陸上で25メートルとなっています。
さらに、風だけでなく、雪の降り方も強まり、局地的に大雪になるでしょう。4日(火)午前6時までの24時間に予想される降雪量は、北海道日本海側の多い所で50センチです。
猛ふぶきや吹きだまりによる、交通への影響が心配されます。暴風や大雪にも、警戒が必要です。お正月休みでUターンなど、交通機関を利用される方も大勢いらっしゃるかと思いますが、最新の気象情報や交通情報を確認してください。

東北の日本海側や北陸も雪 晴れる太平洋側は「空気の乾燥」に注意

画像B

雪が降るのは、北海道だけではありません。
東北は、日本海側を中心に雪で、ふぶく所もあるでしょう。見通しが悪くなるだけでなく、路面が凍結するおそれもありますので、車の運転は、いつも以上に慎重にしてください。
北陸は断続的に雪や雨ですが、3日(月)はまだ雪のやむ時間もありそうです。ただ、4日(火)になると、日本海から雪雲が流れ込みやすくなるため、雪の降り方が強まる所もあるでしょう。積雪の多い所では、3日(月)は、雪おろしのチャンスですが、除雪作業を行う際は、慣れていても必ず2人以上で、安全を確かめ、声をかけあって行ってください。
一方、北海道や東北の太平洋側、関東から九州、沖縄は、広く晴れるでしょう。空気の乾く所が多く、午前5時現在、広い範囲に「乾燥注意報」が発表されています。火の取り扱いにご注意ください。

予想最高気温は?

最高気温は、北海道や東北では、平年より5℃くらい低い所もあり、厳しい寒さでしょう。北海道は、最高気温0℃未満の「真冬日」の所が多い予想です。札幌は2日(日)より7度も低い氷点下5℃の予想です。仙台は5℃で、こちらも「平年だと、一年で最も寒い頃の気温」よりも低いでしょう。昼間も、一番暖かい服装を心がけてください。
一方、関東から九州は10℃前後の所が多く、高知や鹿児島では15℃くらいまで気温が上がるでしょう。昼間は日差しが暖かく感じられそうですが、朝晩と日中との「気温差」が大きくなりますので、気温の変化にご注意ください。