メイン画像

あす4日は冬型の気圧配置が強まります。日本海側は雪の範囲が広がり、ふぶく所もありそうです。太平洋側は晴れても、風が冷たいでしょう。

北海道は猛吹雪警戒

画像A

あすの日本付近は冬型の気圧配置が強まる影響で、日本海側は雪の範囲が広がりそうです。
北日本の日本海側は雪が続く予想です。風が強まることで、ふぶいて見通しが悪くなる所もあるため、交通への影響に注意してください。
北陸は平地で、はじめ雨が降りますが、夜になるにつれて雪に変わります。山陰も夕方以降、雪が降りそうです。
あすは仕事始めという方が多いと思いますが、行きと帰りで路面の状況が変わります。車の運転の際は、十分にご注意ください。

太平洋側は乾燥続く

太平洋側は、きょうと比べて少し雲が増えますが、平地では各地で日差しがありそうです。
ただ、西よりの風が強まる予想です。空気の乾燥と強風が重なると火災のリスクが高まるため、火の取り扱いは特にご注意ください。
山沿いは、日本海側から雪雲が流れ込んできて、雪が降ったりやんだりでしょう。

全国的に真冬の寒さ

画像C

寒気の影響で、全国的に気温はあまり上がりません。北海道や東北北部は最高気温0度に届かず真冬日の予想です。関東から九州は昼間も気温は10度前後で、冷たい風も加わってかなり寒く感じられそうです。
朝晩は北日本だけでなく、関東南部でも0度を下回る所がある見込みで、雪の降らない所でも路面が凍結するくらい冷え込む可能性があります。
お正月休み中、逆に疲れがたまってしまったという方もいるかもしれませんが、年明け早々に風邪をひかないよう、暖かくしてお過ごしください。