4日は、北海道、東北の日本海側や北陸を中心に雪が降り、東北の日本海側では大雪の恐れがあります。北陸も雷が鳴り、雪の降り方が強まることがあるでしょう。

4日の天気 東北の日本海側は大雪の恐れ 北陸付近では雪雲が発達

画像A

4日は、強い冬型の気圧配置でしょう。上空5500メートル付近では、大雪の目安のマイナス36℃以下の寒気が、東北北部まで流れ込む予想です。
日本海では、北よりの風と西よりの風がぶつかる所で雪雲が発達し、この発達した雪雲が北陸付近にかかる見込みです。北陸付近では、特に大気の状態が不安定でしょう。風がぶつかり雪雲が発達するエリアは、次第に西へ移り、近畿付近にもかかる見込みです。
広く季節風が吹き、強めに吹く所もあるでしょう。
北海道から北陸には、オホーツク海や日本海から雪雲が次々に流れ込み、ふぶく所もある見込みです。東北の日本海側は、大雪になる恐れがあります。発達した雪雲の流れ込みが続いて、予想より降雪量が多くなった場合は、警報級の大雪になる可能性もあります。4日午前6時から5日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、東北日本海側の山沿い60センチ、東北日本海側の平地40センチです。大雪により交通に影響が出る可能性があります。屋根からの落雪、建物や農業施設への被害に注意、警戒してください。
北陸では、雷が鳴り、雪の降り方が強まる所がある見込みです。雷雲の周辺では、竜巻などの激しい突風が発生する恐れがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがあるときは、直ちに建物の中など安全な場所に移動してください。
近畿も北部や中部を中心に雪雲や雨雲がかかり、雷が鳴る所がある見込みです。山陰も雨が降る所があり、次第に雪に変わるでしょう。
関東甲信や東海、近畿南部、山陽、四国、九州は日差しが届く所が多い見込みです。ただ、寒気の流れ込みが強く、雪雲がかかる所があるでしょう。関東北部や長野県では、山沿いを中心に大雪の恐れがあります。予想よりも雪の降り方が強まった場合は、警報級の大雪になる可能性もあります。大雪や路面の凍結により交通に影響が出ることも考えられます。電線や樹木などへの着雪、なだれにも注意してください。
沖縄は日差しが届く所が多いでしょう。ただ、八重山地方では雲が広がり、夜は雨が降る所がある見込みです。

4日の最高気温 日差しが届く地域もこの時期らしい寒さ

4日の最高気温は、北海道はマイナス5℃くらい、東北北部はマイナス3℃くらいの所が多いでしょう。日本海側では、気温が朝からほとんど上がらない所が多い見込みです。東北南部は0℃から3℃くらい、北陸は5℃前後の所が多いでしょう。
関東から九州は11℃前後の所が多い見込みです。日差しが届く地域でも、この時期らしい寒さで、風が冷たく感じられることがありそうです。暖かくしてお過ごしください。
沖縄は21℃くらいでしょう。