この先は寒中らしい寒さが続きそう。あす6日(木)は低気圧の影響で、西日本では平地でも大雪のおそれ。

前半:6日(木)〜12日(水) あす西日本で大雪

画像A

あす6日(木)は本州の南を低気圧が東へ進むでしょう。気温が低くなるため、西日本では午前中は山沿いを中心に雪が降り、平地でも大雪となるおそれがあります。積雪や凍結で道路の状態が悪くなり、通行止めや立ち往生など交通に影響がでるおそれがあります。また電車など交通機関のダイヤが大幅に乱れることも考えられます。東海や関東の平野部も、雪の舞う所があるでしょう。
北陸や東北と北海道の日本海側は、日中は日の差す所もありそうです。ただ、別の低気圧が近づくため、夜は広く雪や雨が降るでしょう。

11日(火)と12日(水)荒れた天気に

7日(金)は、冬型の気圧配置に変わり、北陸や東北と北海道の日本海側は雪の降り方が強まるでしょう。ふぶく所もありそうです。8日(土)にかけては晴れる太平洋側も、厳しい寒さが続くでしょう。
11日(火)から12日(水)にかけては、低気圧が発達しながら北日本を通過する予想です。低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、山陰から北陸、東北は雨の降る所が多いでしょう。一方、北海道は太平洋側も含めて、広い範囲で雪が降りそうです。低気圧が通過したあとは強い寒気が流れ込み、一転して冬の嵐となるでしょう。今後の情報にご注意ください。

後半:13日(木)〜18日(火)

画像C

太平洋側は16日(日)にかけては晴れる所が多い見込みです。17日(月)は西から天気が下り坂で、九州から近畿は雨が降るでしょう。関東は18日(火)に雪がちらつく可能性があります。寒さが和らぐ日もありますが、一時的でしょう。
日本海側は連日にように雪が降りそうです。今シーズンはたびたび大雪に見舞われていますが、屋根の雪下ろしをする際は必ず2人以上で行うなど、事故のないようにしてください。また凍てつく寒さも続きます。札幌の気温は平年並みか低く、最高気温でも0℃未満の真冬日が続くでしょう。万全の寒さ対策をして、お過ごしください。