あす6日(木)にかけて、細い月と惑星(木星、土星、水星)の共演が楽しめます。太平洋側を中心に星空を楽しめる所が多いでしょう。

細い月と水星・土星・木星が接近

1月上旬の日の入り約1時間後、南西の空には明るく輝く木星が見え、木星の右下には土星、さらに低く、地平線に近い位置には水星が見えます。
1月4日(火)から6日(木)にかけて、これらの惑星の近くを細い月が通り過ぎていきます。月は、きょう5日(水)は土星と木星の間に、あす6日(木)は木星の左横に見えます。月と惑星たちの共演を楽しんでみてください。

天気は?

画像B

きょう5日は、北海道や東北の日本海側は所々で雪が降るでしょう。北陸から中国、四国、九州は雲が多く、雨の降る所がありそうです。沖縄は雨の降る所が多く、星空を見るにはあいにくの天気となるでしょう。一方、北海道や東北の太平洋側、関東、東海は、おおむね晴れて、星空を見られる所が多くなりそうです。

画像C

あす6日(木)は北海道と東北は日本海側を中心に所々で雪が降るでしょう。関東は沿岸部は雲が多く、雪や雨の降る所がありそうです。中国地方も雲が広がり、雨や雪の降る所があるでしょう。一方、北陸や東海、近畿、四国、九州、沖縄は大体晴れて、星空を見るのに良さそうです。
5日(水)・6日(木)ともに日が沈むと、冷え込みが強まりますので、万全な寒さ対策をして観察してください。