今夜(5日)からあす6日朝にかけて、九州は南岸低気圧の影響で、山沿いは積雪する所があり、大雪になるおそれもあります。峠越えの車の運転は、滑り止めの準備をしたり、最新の交通情報や気象情報にご注意下さい。

九州の山沿い 雪への備えを

画像A

きょう5日、東シナ海に延びる前線上に低気圧が発生し、あす6日朝にかけて九州の南岸付近を通過する見込みです。
きょう5日夕方から夜は冷たい雨が降る所が多くなり、山沿いを中心に雪が降るでしょう。内陸部も気温が低くなると雨が雪に変わる可能性があります。あす6日朝にかけて九州の山沿いは積雪する所があり、特に大分県や熊本県の山沿いは数十センチの雪が積もり、大雪になるおそれもあります。
峠越えの車の運転は、積雪や凍結のおそれがありますのでチェーンなどの滑り止め準備が必要です。こまめに道路情報や気象情報を確認して下さい。
今回の南岸低気圧がもたらす雪は、湿った重たい雪です。降雪量が多くなると予想される山沿いは、農業施設や農作物の管理、電線や樹木への着雪にも注意が必要です。
なお、あす6日日中は低気圧は九州の東へ離れるため、九州の天気は回復し次第に晴れてくるでしょう。

連休明けに寒気流れ込む

画像B

7日(金)以降は、高気圧に覆われて、九州は晴れて比較的過ごしやすい日が多い見込みです。九州南部は、8日(土)〜9日(日)に気圧の谷の通過で一時雨が降るでしょう。
連休明けの11日(火)から12日(水)は一時的に冬型の気圧配置に変わります。やや強い寒気は流れ込むため、気温が下がり再び寒くなる見込みです。