今年最初の三連休、初日の8日(土)は関東から九州は広く晴れるでしょう。9日(日)は次第に雲が広がりやすく、10日(祝:成人の日)は雨の降る所も。11日(火)から12日(水)は、北日本を中心に荒れた天気になるおそれがあります。この先も、暦の上では、最も寒さの厳しい時期です。寒さ対策を万全にお過ごしください。

7日(金)〜13日(木)

あす7日(金)は日本付近は冬型の気圧配置となる見込みです。北海道と東北の日本海側、北陸は雪が断続的に降るでしょう。大雪による交通障害、なだれ、着雪に注意が必要です。また全国的に季節風も強まりそうです。その他、太平洋側を中心に晴れますが、寒さ対策を万全にしてください。
今年最初の三連休、初日の8日(土)は、日本の南に高気圧が張り出し、次第に冬型の気圧配置が緩むでしょう。北海道と東北の日本海側、北陸は雪や雨の所がありますが、北海道と東北の太平洋側と関東から九州は広く晴れそうです。
9日(日)は、北海道と東北の日本海側、北陸では引き続き、雪や雨の降る所が多いでしょう。関東から九州の太平洋側も次第に雲が広がり、10日(祝:成人の日)は太平洋側でも雨や雪の降る所がありそうです。
11(火)は、低気圧が発達しながら北日本付近を通過する見込みです。12日(水)にかけて、北日本を中心に荒れた天気になるおそれがあります。九州から関東の広い範囲でも雨が降るでしょう。次第に冬型の気圧配置になり、北海道や東北は13日(木)にかけて雪が降りそうです。

14日(金)〜19日(水)

画像B

14日(金)以降も、北海道と東北の日本海側や北陸は雪が降りやすいでしょう。仙台など東北の太平洋側でも雪雲の流れ込む所がありそうです。関東から九州の太平洋側は晴れる所が多い見込みです。ただ、空気の乾燥した状態が続きそうです。火の元やお肌の乾燥にご注意ください。
この先2週間も、1年のうちで最も寒さの厳しい時期です。体調を崩さないように、寒さ対策や体調管理を万全にしてお過ごしください。