8日(土)からの3連休、車で移動される方もいらっしゃると思います。各地の3連休の「道路影響予測」をまとめました。日本海側は土日は所々で雪が降るでしょう。太平洋側は土日は広く晴れますが、月曜の成人の日は関東の沿岸部で雨や雪が降りそうです。

画像A

日本海側 土日は所々で雪や雨

8日(土)から9日(日)にかけて低気圧が北海道の北へ進み、低気圧から延びる前線が北日本や東日本を通過する予想です。北海道や東北の日本海側は8日(土)の日中は雪のやんでいる所が多いですが、夜は雪のエリアが広がるでしょう。9日(日)も午前中を中心に雪や雨が降り、雷を伴って、一時的に降り方の強まることもありそうです。北陸や山陰は8日(土)の日中はおおむね晴れますが、8日(土)の夜から9日(日)の午前中にかけて所々で雨や雪で、雷を伴うこともあるでしょう。
日本海側は8日(土)と9日(日)は積雪や局地的な大雪により、影響を受ける道路がありそうです。10日(月)成人の日は、日本海側も雪のやむ所が多く、道路の影響リスクは低くなるでしょう。
積雪の残る所ではチェーン規制などが続きますので、普段雪の少ない地域からスキー場などにお出かけされる方も冬用タイヤで、慣れない雪道でスリップ事故など起こさないよう、運転はいつも以上に慎重になさってください。

太平洋側 月曜は関東で雨や雪

関東から山陽、四国は8日(土)から9日(日)はおおむね晴れるでしょう。九州は雲が広がりやすく、南部では一時的に雨の降る所がありそうです。10日(月)成人の日は、本州の南を低気圧が進み、関東の沿岸部では一時的に雨や雪が降るでしょう。今のところ、低気圧が陸地から離れて進むため、降る量は多くなく、積雪など大きな影響はない見込みですが、最新の気象情報を確認してください。
3連休は道路への気象影響リスクは低い所が多いでしょう。ただ、夜間は冷え込みが厳しくなりますので、路面の凍結には注意が必要です。
道路ごとの詳細な情報は「道路の気象影響予測」も参考になさってください。
※なお、高速道路影響予測は天気予報に基づく予測です。実際の規制状況は道路管理者等の発表を確認なさってください。