きょう7日(金)は、日本海側で雪やふぶき。太平洋側は広く晴れますが、厳しい寒さに。大雪になった関東などでは路面の凍結に注意。

日本海側は雪や雨 太平洋側は晴天

画像A

きょう7日(金)は冬型の気圧配置に変わり、北陸や東北を中心に日本海側では雪や雨が降るでしょう。けさは東北の日本海側では雪の降り方が強まっていて、午前を中心にふぶく所もありそうです。北海道の日本海側は晴れ間もありますが、夜は広く雪が降るでしょう。
太平洋側は広く晴れるものの、北よりの風が強まるでしょう。きのう6日(木)、大雪になった関東も天気が回復しますが、積雪状態の所が多くなっています。朝の通勤通学は時間に余裕を持ってお出かけください。日中は湿度が20%前後まで下がる所もあり、火の元には注意が必要です。

日中も厳しい寒さ

きょう7日(金)の最高気温は、北海道では0℃未満の真冬日になりそうです。東北北部は1℃くらい、東北南部や北陸は5℃に届かない所が多いでしょう。きのう6日(木)と同じくらいか2℃ほど低い予想です。
関東甲信や東海、近畿は、日差しがあっても最高気温は8℃くらいと、震える寒さでしょう。東京や名古屋など、寒さは和らぎますが、それでも平年より低い見込みです。雪が残っている所では路面が凍結して滑りやすくなるため、ゆっくり小幅で歩くよう心がけましょう。
中国、四国、九州は、日中の気温は10℃を超える所が多いですが、寒中らしい寒さです。沖縄は20度くらいと、少しヒンヤリと感じられるでしょう。