あす8日(土)からの三連休は、関西は晴れる所が多くなり、昼間の寒さはやわらいで、幾分過ごしやすくなりそうです。ただ、連休明けの11日(月)以降は再び強い寒気が流れ込み、厳しい寒さになる見込みです。

関西 8日(土)〜10日(月・祝)昼間は寒さやわらぐ

画像A

きょう7日(金)の関西は、寒気が流れ込んだため真冬の寒さが続きました。7日(金)夜からあす8日(土)朝にかけても、一段と冷え込みが強まり、8日(土)の最低気温は大阪で1度、彦根は氷点下1度の予想です。ただ、あす8日(土)の日中は北部でも天気が回復し、広く晴れるため、日中の最高気温は10度近くになる所が多くなるでしょう。風もおさまるため、日なたでは日差しにほっとできそうです。9日(日)から10日(月)にかけても、関西は晴れる所が多く、日中の最高気温は8日(土)よりも高くなる見込みです。朝晩は冷え込みますが、昼間は寒さがやわらいで感じられそうです。なお、気温が高くなりますので、雪の多く積もっている所では、なだれや屋根からの落雪に十分な注意が必要です。

連休明けの11日(火)は再び厳しい寒さに

画像B

11日(火)は寒冷前線が通過し、冬型の気圧配置が強まる見込みです。このため、関西は雨が降り、夜は北部を中心に広く雪が降るでしょう。風も強まり、ぐっと寒くなりそうです。13日(木)から14日(金)にかけても冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が流れ込むため、北部は断続的に雪が降り、中部や南部でも雪が降る可能性があります。最高気温は大阪でも5度くらいの日があり、連休明けは厳しい寒さに見舞われそうです。体調を崩さないようお気をつけください。