この先2週間の天気と気温の見通しです。11日(火)は低気圧や前線の影響で、全国的に天気が崩れるでしょう。12日(水)頃は冬型の気圧配置が非常に強まり、北海道や東北を中心に暴風雪の恐れ。寒中らしく厳しい寒さの日が多いでしょう。

1週目(9日〜15日)

9日(日)は、北海道から北陸では午前中は所々で雪や雨が降り、雷を伴う所がありそうです。太平洋側は昼頃まで晴れる所が多いでしょう。10日(月)成人の日は、日本海側の雪や雨もやんで、貴重な晴れ間となりそうです。太平洋側も晴れる所が多いですが、関東の沿岸部は雨の降る所があるでしょう。
11日(火)は前線を伴った低気圧が本州付近を進む予想です。全国的に天気が崩れるでしょう。北海道や東北は雪、関東から九州では雨の降る所が多くなりそうです。ただ、関東甲信以西でも山沿いを中心に雪の降る所があるでしょう。
12日(水)は冬型の気圧配置が非常に強まり、寒気が流れ込む予想です。北海道や東北は暴風雪の恐れがあります。猛吹雪や吹き溜まりによる交通障害に警戒が必要です。北陸から山陰も雪が降るでしょう。太平洋側の各地は、おおむね晴れますが、冷たい北風が吹きつけそうです。
13日(木)以降も冬型の気圧配置が続き、日本海側は雪が降るでしょう。太平洋側は晴れる日が多い見込みです。14日(金)頃は太平洋側でも一時的に雪が降る所もありますが、今のところ、降る量は多くないでしょう。
最高気温は、10日(月)成人の日までは、平年より高いですが、その後は平年並みか平年より低くなる日もありそうです。寒中らしく、厳しい寒さの日が多くなるでしょう。

2週目(16日〜21日)

画像B

寒気の影響で、日本海側は雪や雨の降る日が多いでしょう。18日(火)から19日(水)頃は東北や北陸を中心に雪の降り方が強まりそうです。太平洋側は晴れる日が多いですが、18日(火)から19日(水)は東北や東海など、雪雲が流れ込む所があるでしょう。
最高気温は平年並みの日が多い予想です。ただ、19日(水)は広く平年を下回り、凍えるような寒さになりそうです。
この先も朝の冷え込みは厳しく、日中も真冬の寒さの日が多いでしょう。しっかりと寒さ対策をしてお過ごしください。