メイン画像

12日以降は断続的に降雪が強まり平野部でも積雪が増えるでしょう。影響が長引く可能性もあります。最新の情報に注意して早めの対策をして下さい。

12日から14日は強い冬型 平野部でも断続的に降雪が強まり大雪に要警戒!

画像A

三連休明けの11日から12日にかけては、低気圧が発達しながら北日本方面に進む見込みです。その後14日頃にかけては、日本付近は強い冬型の気圧配置となり、北陸上空には強い寒気が流れ込むでしょう。
北陸地方は荒れた天気や大しけとなり、大雪や大荒れとなる所がある見込みです。高波に警戒し、暴風や猛ふぶき、大雪による交通障害や路面の凍結に注意・警戒して下さい。外出の際は最新の天気予報を確認して下さい。

15日以降も上空の寒気は強弱を繰り返しながら南下、影響が長引く可能性あり!

画像B

15日以降も日本付近は冬型の気圧配置となりやすい見込みです。北陸上空には強弱を繰り返しながら強い寒気が南下して、平野部でも積雪が増えるでしょう。
影響が長引く可能性もあり、農業施設や樹木等への被害を防止するための対策、万一の停電時でも灯りや暖を取るための対策、長期保存可能な食品の備蓄、暖房や自動車用の燃料が十分確保されているかどうかも確認して下さい。行動計画は、最新の気象情報や道路情報を参考にたてるようにしましょう。

画像C