12日(水)から14日(金)頃にかけて日本海側では再び大雪のおそれ。暴風雪や大しけも。交通機関に再び影響が出る可能性もあるため今後の情報に注意。

11日(火)は低気圧発達 全国的に天気崩れる

あす11日(火)は日本海と本州南岸を低気圧が急速に発達しながら東に進むでしょう。全国的に天気が崩れる見込みです。北海道と東北は雪や雨、北陸は雨や雪が降るでしょう。関東から九州は広く雨が降り、山沿いでは雪の降る所がありそうです。局地的に降り方が強まるでしょう。また全国的に風が強まり、猛吹雪や横殴りの雨になる所もありそうです。

12日(水)〜14日(金)は強い冬型に

あさって12日(水)から14日(金)にかけて、強い冬型の気圧配置になるでしょう。北海道と東北の日本海側、北陸は雪が降る見込みです。猛吹雪や大雪の恐れがあります。東海や近畿など太平洋側でも雪雲の流れ込む所がありそうです。通勤、通学の際の交通機関への影響にもご注意ください。
15日(土)は日本の南に高気圧が張り出すため、次第に冬型の気圧配置は緩むでしょう。北海道と東北の日本海側、北陸の雪は次第に収まりそうです。太平洋側はおおむね晴れるでしょう。
16日(日)は東シナ海から気圧の谷が近づき、九州で雲が多くなりそうです。北海道や東北、北陸も曇りや雨でしょう。
17日(月)は再び強い冬型の気圧配置になりそうです。

18日(火)〜23日(日)

画像C

18日(火)以降も北海道や東北の日本海側、北陸を中心に雪が降りやすいでしょう。関東から九州の太平洋側は乾燥した晴れの天気の所が多いですが、19日(水)は東北や近畿、九州など太平洋側にも雪雲が流れ込みそうです。
20日(木)は二十四節気の大寒で、暦の上では一年のうちでも最も寒い時期です。最高気温、最低気温は平年並みか低い所が多く、関東から九州は10度に届かない日が多いでしょう。大阪や福岡では最高気温が5度くらい、那覇では15度くらいと平年より大幅に低くなる日もありそうです。体調管理に十分にご注意ください。