関東は、明日は朝から雨具の出番となるでしょう。平地では降るのは雨の所が多く、日中は本降りになる時間もありそうです。あさって以降は広く晴れますが、寒中らしい寒さが続くでしょう。

明日11日(火) 朝から雨具の出番

明日11日(火)は本州の南岸に低気圧が発生し、発達しながら東よりに進む見込みです。日中は関東の平地で雪を降らせる目安の寒気(上空1500メートル付近でマイナス3度以下)は北日本付近まで退くため、雪ではなく、雨の降る所が多いでしょう。夕方までは広く雨が降ったりやんだりで、本降りになる時間もありそうです。沿岸部では夜も雨雲のかかる所があるでしょう。また、北部の山沿いでは断続的に雪が降りますので、車で雪道を運転する際は冬用の装備を万全にして、いつも以上に慎重な運転を心がけて下さい。

内陸部を中心に厳しい寒さ

明日の最高気温は内陸部を中心に平年並みか低い所が多く、厳しい寒さになりそうです。沿岸部では低気圧周辺の暖かく湿った空気の影響で、平年より高い所がありますが、低気圧が通過した後は寒気が流れ込むため、夜はグッと冷えるでしょう。

明後日12日(水)以降 寒中らしい寒さ続く

画像C

明後日12日(水)は大体晴れますが、北や西よりの風が強まり、日中も空気が冷たいでしょう。13日(木)以降も平野部を中心に晴れますが、北部の山沿いでは雪が降る見込みです。最高気温は平年並みの日が多く、大学入学共通テストが実施される15日(土)と16日(日)も寒中らしい寒さが続くでしょう。体調を崩さないように、寒さ対策を万全になさってください。